So-net無料ブログ作成
検索選択

パフォーマンスモニタで閾値を監視、alertメールを送信する


1. メール送信タスクの作成
2. パフォーマンスカウンターの設定
3. 作成したメール送信タスクを指定

サーバーマネージャ > 構成 > タスクスケジューラ を右クリック > タスクの作成  で "タスクの作成" ダイアログが開く。
全般タブで、
   名前を指定:ex)警告メール送信
   セキュリティオプション:"ユーザがログオンしているかどおうかにかかわらず実行する" を選択
   [ユーザまたはグループ] をクリックして、タスクを実行するアドミン権限を有するアカウントを指定する
操作タブで、
   [新規] をクリックして、"新しい操作" ダイアログを開く
   操作を選択:"電子メールの送信"
   差出人:ex)administrator@host.domeinname
   送信先:管理者のメールアドレス
   件名:ex)警告:使用率の超過
   テキスト:ex)メモリの使用率が閾値を超えました。。。。。。システムの状態を確認してください。

サーバーマネージャ > 診断 > パフォーマンス > データコレクターセット > ユーザ定義 を右クリック >
   新規作成 > で データコレクターセット で "新しいデータコレクターセットを作成します" ダイアログが開く。
   名前を指定:ex)CPU使用率
   "手動で作成する(詳細)" を選択 > [次へ]
   "パフォーマンスカウンターの警告" を選択 > [次へ]
   [追加] をクリック
   "使用可能なカウンター" 一覧から、ex)"% Processor Time" を選択
   "選択したオブジェクトのインスタンス" で "Total" を選択 > [追加] > [OK]
   "警告する時間" 欄で、"より上" を選択し、"制限値" に ex)90 を入力 > [次へ]
   "保存して閉じる" を選択 > [完了]

サーバーマネージャ > 診断 > パフォーマンス > データコレクターセット > ユーザ定義 > CPU使用率 を
   選択 > DataCollector01 を右クリックして "プロパティ" を開く
警告タブで、
   "サンプルの間隔" を指定
警告のタスクタブで、
   "警告が出されたときに実行するタスク" に、作成したタスク "警告メール送信" を入力 > [OK]

サーバーマネージャ > 診断 > パフォーマンス > データコレクターセット > ユーザ定義 > CPU使用率 を
   右クリック > "開始" を選択
 
(Windows 2008 R2) 
 

タグ:Windows

Round関数 は、五捨五入

レポートビルダー3.0で、round関数で小数点以下を丸めるとき。
 
最近接偶数への丸め(round to the nearest even; RN)となるので、期待値と異なってしまうことも。。。。
 
      端数 < 0.5 なら切り捨て、端数 > 0.5 なら切り上げ、端数 = 0.5 なら最も近い偶数へ丸める。
 
      ="五捨五入"="偶数丸め"="最近接丸め"="JIS丸め"="ISO丸め"="銀行丸め" とも言うらしい。
 
(SQL Server 2008 R2, ReportBuilder3.0)
 

タグ:SQL SSRS

Windows標準の diskpart でディスクを削除する

Diskpartを起動して対象のディスクを選択する

C:\>diskpart
DISKPART> list disk

  Disk ###  Status           Size     Free     Dyn  Gpt
  --------  ---------------  -------  -------  ---  ---
  Disk 0    オンライン        233 GB  1012 MB
  Disk 1    オンライン         75 GB   314 MB
  Disk 2    オンライン        233 GB      0 B

DISKPART> select disk 2
DISKPART> list disk

  Disk ###  Status           Size     Free     Dyn  Gpt
  --------  ---------------  -------  -------  ---  ---
  Disk 0    オンライン        233 GB  1012 MB
  Disk 1    オンライン         75 GB   314 MB
* Disk 2    オンライン        233 GB      0 B



ディスクの管理領域のみ削除する場合

DISKPART> clean
DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。



ディスクの全体を削除する(全セクタに対して 0 を書き込む)場合
(確認なしにすぐ実行される)

DISKPART> clean all
DiskPart はディスクを正常にクリーンな状態にしました。



DISKPART> exit
DiskPart を終了しています...
 
(Windows 2008 R2, Windows 7)
 

タグ:Windows

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。