So-net無料ブログ作成

今さら ISDN 接続

ISDNのターミナルアダプタ/ダイヤルアップルータには、DSU内蔵のものも多い
DSUの有無により、配線形態が違ってくる

  ISDN回線 ------ U点(DSUあり機器)RJ45 ------- 社内LAN
  ISDN回線 -- DSU -- S/T点(DSUなし機器)RJ45 -- 社内LAN

S/T点には、ISDN対応機器(ISDN電話機/G4-FAX)も接続できる
   厳密には、S点とT点の間にPBX(電話交換機)を接続できるが、
   インターネット接続でPBXは不要なので、まとめてS/T点となる
R点とは、ターミナルアダプタとアナログ電話/FAX、PCとの接続点


YAMAHA RTA52iの場合
 ISDN Uポート(U点) x1:ISDN回線を内蔵DSUと接続
 ISDN S/Tポート(S/T点) x2:ISDN機器(デジタル電話やFAX)を接続
 アナログ電話ポート(R点) x3:TAとしてRJ15でアナログ電話やFAXを接続 
 シリアルポート(R点) x1:TAとしてシリアルでPCと接続
 LANポート:RJ45で社内LANと接続

DSU:ISDN回線を接続するために必須
TA:アナログ電話/FAX、PCを直接接続する - 使わなければ不要
ルーター: LANに接続、NAT機能の提供


BRIは、通信速度は144kbps 「2B+D」
64kbpsの「Bチャネル」2本 + 16kbpsの「Dチャネル」1本 の方式 

PRIは、通信速度は1.544Mbps 「23B+D」
64kbpsの「Bチャネル」23本 + 64kbpsの「Dチャネル」1本 の方式

LANケーブルは8極8芯に対して、ISDNケーブルは8極4芯
 
(Network) 
 

ISDN接続サービスとインターネット接続、拠点間接続


タグ:network

Windows 2008 の リモートデスクトップ(RDP)接続 は、複数接続できない?

Windows Server 2008 へ リモートデスクトップ(RDP)接続を行う場合、同じユーザで複数接続することができない

サーバのコンソールとRDP接続画面の間でも同様で、少々効率が悪い状況に遭遇した
ターミナルサービス構成変更で、これを許可することが可能だった

コンパネ > 管理ツール > ターミナルサービス > ターミナルサービス構成 > 設定の編集 >
"全般"  > "1ユーザにつき1セッションに制限する”  を  "いいえ"  にする


また、RDP でコンソールに接続したい場合のオプションも、バージョンによって異なる

  RDC 5.x/6.0: /console
  RDC 6.1: /admin /v:server

ヘルプ  c:\Windos\system32\mstsc /?  を参照してどちらが使えるか確認

(Windows server 2008 R2, RDP)

タグ:Windows

WindowsのSIDを確認する

仮想サーバをテンプレートからデプロイした場合など、sysprep が実行されて、SIDが書き換わるが、
これを確認するには、コマンドプロンプトで以下により確認できる

C:\users\manabu> whoami /user

USER INFORMATION
----------------------

ユーザー名                SID
============  =====================
HostName\manabu   S-1-5-21-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxx

(Windows, VMware)

 

sysprepでOSのマスタイメージを作る


タグ:Windows VMWare

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。