So-net無料ブログ作成
検索選択

Hyper-Vのチェックポイント(snapshot)のマージ

Hyper-VでGuestOSを構築し、チェックポイント(snapshot)を何世代か残す運用をしていた。
チェックポイントをマージするときの注意点をメモ書きしておく。

 ・ チェックポイントのマージは、GuestOSをshutdownしておく(保存はダメ)。
 ・ GuestOSのサイズと同等以上の空き容量を確保しておく。
 ・ 時間がかかるので、実施タイミングは余裕のある時に行う。

以下は、今回の顛末。

構成として Windows8.1(C:\ が 約500GB) 上に、Windows7のGuestOSが3台稼働しており、
C:\ の空き容量が 約100GB の状態。

Hyper-Vマネージャで、約120GBのGuestOS(win7guest1.vhdx)のチェックポイントを削除した。
すると、
  win7guest1_xxxxxx.avhdx にrenameされて、
  win7guest1.vhdx が新規作成され、これに対してマージ処理が始まる。
win7guest1.vhdx のサイズはどんどん大きくなり、空き容量を食いつぶして止まってしまった。

残りのGuestOS 2台のうち1台を、他のstoreageに移動し、空き容量を確保。
マージ処理が再開されるが、途中から進まなくなる。

GuestOSが稼働中だったため、"保存"としたが、進展しないため、"起動"しなおした後、
"shutdown"をするとマージ処理が再開された。
マージが終了すると、
  win7guest1_xxxxxx.avhdx は削除され、
  win7guest1.vhdx が残る
GuestOSの正常起動を確認。

(Windows 8.1、Windows 7、Hyper-V) 


タグ:Windows Hyper-V
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。