So-net無料ブログ作成

今さら ISDN 接続

ISDNのターミナルアダプタ/ダイヤルアップルータには、DSU内蔵のものも多い
DSUの有無により、配線形態が違ってくる

  ISDN回線 ------ U点(DSUあり機器)RJ45 ------- 社内LAN
  ISDN回線 -- DSU -- S/T点(DSUなし機器)RJ45 -- 社内LAN

S/T点には、ISDN対応機器(ISDN電話機/G4-FAX)も接続できる
   厳密には、S点とT点の間にPBX(電話交換機)を接続できるが、
   インターネット接続でPBXは不要なので、まとめてS/T点となる
R点とは、ターミナルアダプタとアナログ電話/FAX、PCとの接続点


YAMAHA RTA52iの場合
 ISDN Uポート(U点) x1:ISDN回線を内蔵DSUと接続
 ISDN S/Tポート(S/T点) x2:ISDN機器(デジタル電話やFAX)を接続
 アナログ電話ポート(R点) x3:TAとしてRJ15でアナログ電話やFAXを接続 
 シリアルポート(R点) x1:TAとしてシリアルでPCと接続
 LANポート:RJ45で社内LANと接続

DSU:ISDN回線を接続するために必須
TA:アナログ電話/FAX、PCを直接接続する - 使わなければ不要
ルーター: LANに接続、NAT機能の提供


BRIは、通信速度は144kbps 「2B+D」
64kbpsの「Bチャネル」2本 + 16kbpsの「Dチャネル」1本 の方式 

PRIは、通信速度は1.544Mbps 「23B+D」
64kbpsの「Bチャネル」23本 + 64kbpsの「Dチャネル」1本 の方式

LANケーブルは8極8芯に対して、ISDNケーブルは8極4芯
 
(Network) 
 
ISDN接続サービスの端末型/LAN型
   インターネット接続には、ISPとの契約が必要(NTT東 フレッツISDN + OCN ISDNアクセス など)
     フレッツISDNのダイヤルアップ番号「1492」は、IDとPWで接続先 ISP が変わる
   端末型(動的グローバルIP 1個)NATを使えば、複数台のローカルIP端末で共有可能
   LAN型(固定グローバルIP 8個)端末に使えるのは 5個
     ネットワークアドレス(xxx.xxx.xxx.0)、ブロードキャストアドレス(xxx.xxx.xxx.7)、
     ルーター自身のアドレス(xxx.xxx.xxx.1)にそれぞれ1個ずつ消費される
 
ISDNを介した拠点間接続
   拠点間接続には、ISPは不要
   接続元のルーターから発呼し、接続先のルーターが着呼することで接続される 
   NTT東 の INSネット64 がある 
 
INS-C 回線交換モード/INS-P パケット通信モード
 


タグ:network
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。