So-net無料ブログ作成

VMware 仮想 Guestサーバ(Windows 2008)のディスク拡張

通常、仮想デバイスノードが SCSI で、システムドライブでなければ、
オンラインでディスク容量の拡張ができる

Guestサーバを選択し、[サマリ] タブ から、"設定の編集" を開く >
拡張したいハードディスクを選択し、
"ディスクプロビジョニング" で 希望の拡張サイズを指定 > [OK] とする

Guestサーバ(Windows 2008)のサーバマネージャを開き、
記憶域 > ディスクの管理 を開く >
拡張を実施したディスクに、拡張したサイズ分の "未割り当て" 領域が
表示されていることを確認

コマンドプロンプトを開き、diskpart.exe で割り当て領域を拡張する

==========
C:\Users\Administrator>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 6.0.6002
Copyright (C) 1999-2007 Microsoft Corporation.
コンピュータ: ESX-HOST1

DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0    E   VMware Data  CDFS  DVD-ROM      499 MB  正常
  Volume 1    C                NTFS  Partition     60 GB  正常       システム
  Volume 2    D   ボリューム   NTFS  Partition     60 GB  正常

DISKPART> select Volume 2

ボリューム 2 は選択されたボリュームです。

DISKPART> extend

DiskPart はボリュームを正常に拡張しました。

DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0    E   VMware Data  CDFS  DVD-ROM      499 MB  正常
  Volume 1    C                NTFS  Partition     60 GB  正常       システム
  Volume 2    D   ボリューム   NTFS  Partition    100 GB  正常
==========

サーバマネージャ > 記憶域 > ディスクの管理 に戻り、正常に拡張されていることを確認


ちなみに、仮想デバイスノードが IDE の場合、このような拡張はできない

参考:
以下に、IDE を SCSI に変換して拡張できるようにした記事があった

(ESXi 4.1, 5.0.1, vCenter Srver 4.1.0, 5.0.1, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2003 R2, Windows 7)

拡張したい Gusetサーバのシステムドライブを、他の Guestサーバの追加ドライブとして
マウントして、容量の拡張後、アンマウントする.....

GuestAサーバ:システムドライブを拡張したい
GuestBサーバ:GuestAのシステムドライブをマウントして拡張する

GuestAサーバをShutdownする

vSphere Client で
GuestBサーバ > サマリ > 設定の編集 >
"仮想マシンのプロパティ" が開く > ハードウエア > [追加] > ハードディスク > [次へ] >
"既存の仮想ハードディスクを使用" を選択し [次へ] > 
[参照] からマウントしたいハードディスクを選択
(データストア > Guestサーバ > 仮想ディスク の順で選択していく)

GuestBサーバの
サーバーマネージャ > 記憶域 > ディスクの管理 で、
追加されたディスクを右クリック [オンライン] にする


上記の手順で領域の拡張を行う


GuestBサーバの
サーバーマネージャ > 記憶域 > ディスクの管理 で、
拡張されたディスクを右クリック [オフライン] にする

vSphere Client で
GuestBサーバ > サマリ > 設定の編集
"仮想マシンのプロパティ" が開く > ハードウエア > マウントしたハードディスクを選択 >
[削除] > "削除オプション" は、"仮想マシンから削除" > [OK]

GuestBサーバの
サーバーマネージャ > 記憶域 > ディスクの管理 で、拡張したディスクの表示が消えて
アンマウントされていることを確認

vSphere Client で
GuestAサーバ を右クリック > 電源 > パワーオン

GuestAサーバにログイン
"デバイスドライバの自動インストール" により再起動を求められたら、再起動をする
再起動後
サーバーマネージャ > 記憶域 > ディスクの管理 で、
システムドライブ(C:\ ドライブ)が拡張されていることを確認


タグ:Windows VMWare
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。