So-net無料ブログ作成

リモートデスクトップ接続を 接続元のPC の Windowsファイアウォール で制限する

通常、リモートデスクトップの接続を制限するには、接続されるサーバ側のWindowsファイアウォールで、
接続元のIPアドレスを限定するなどして、接続を制限(=特定の接続元からの接続のみを許可)する。
 
ここでは、
接続元のPC側で、特定のサーバだけに、リモートデスクトップ接続ができように制限しなければならない
事情が発生したため、試したことをメモしておく。 

 接続元のPC側で、
    Windowsファイアウォール > 詳細設定 > "Windowsファイアウォールのプロパティ" >
    ドメイン/プライベート/パブリック の各々のタブについて、
    "状態" の "送信接続" を "許可(規定)" から "ブロック" へ変えたうえで、
    以下の例外設定をする
    "送信の規則" > "新しい規則" >
       プログラム : %SystemRoot%\System32\mstsc.exe   ※ポート番号(TCPの3389番)
       操作 : 接続を許可する
       プロファイル : すべて選択
       名前 : 適当
    として規則を作成後、作成した規則のプロパティを開き直し、スコープを設定
       リモートIPアドレス > これらのIPアドレス を指定
       許可する 接続先のサーバのIPアドレスを設定する
 
(Windows 7, RDP)

タグ:Windows
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。